良くあるご質問

VFD(蛍光表示管)

全般

Q. VFD(蛍光表示管)とはなんですか?

 真空管と同じ原理で電子を飛ばし、蛍光体を発光させる、当社で世界に先駆けて発明されたユニークな表示パネル(ディスプレイ)です。 英語では「Vacuum Fluorescent Display」略して「VFD」と呼ばれています。

Q. いつごろからあるんですか?

 1966年に伊勢電子工業(現ノリタケ伊勢電子)創業者の中村正 博士らによって発明されました。その後発展を続けながら、年間1億パネルを超える生産があります。

Q. 液晶(LCD)とは違うのですか?

 まったく異なる原理によるものです。 比べてみれば一見して違いがわかりますが、背面から光源を当ててその透過光をみるLCDとは違い、 VFDは表示そのものが発光(自発光)しているため、非常に高級感のある見やすい表示が得られます。

Q. 駆動電圧はどの程度ですか?

 VFDのサイズにもよりますが、VFD単体では12V~70V程度です。 また、多くのVFDモジュールでは5V単一電源で駆動できます。

Q. 電圧はどうかけるのですか?

 指定の電圧(12~70V程度のDC)をフィラメント(-)とグリッド/アノード(+)に印加します。 フィラメントには別途フィラメント加熱用の電源(2~15V程度のAC)が必要になります。

Q. ライフ(寿命)はどうですか?

 一般的には3万時間以上とされています。 (赤などのカラー蛍光体は短くなります。) 小型クロックのものでは10年経っても実用上十分な輝度を保っています。 また「ライフ」といっても電球の球切れのように、突然消えてしまうのではなく、 VFDの場合は徐々に輝度が低下していくというもので、 ある程度暗くなった時点(仕様書でのMIN輝度の半減値)を「ライフ」と定義しています。

Q. 「itron」とはなんですか?

 ノリタケカンパニ-(ノリタケ伊勢電子)が製造販売する蛍光表示管の登録商標です。「アイトロン」と読みます。

BDシリーズ

Q. BDシリーズ(BDVFD)とは何ですか?

 ノリタケ伊勢電子が開発した新しいドライバ内蔵型(CIG)のVFDです。 VFDの内部ににスリムな高密度ドライバーチップを組み込んだものです。

Q. これまでのCIGとは何か違うのですか?

 従来のCIGはチップが比較的大きく、チップを取り付けるスペースが余分に必要でした。 BDシリーズでは、特別に設計したチップを採用することにより通常のVFDと同じ 外形サイズでもチップを組み込むことができます。

Q. 内蔵されているドライバチップの機能はどのようなものですか?

 CMOSで構成されたドライバ、レベルシフタ、ラッチ、シフトレジスタからなり、従来のVFD駆動用ドライバと同じ構成です。 スタティック駆動タイプの場合はラッチがメモリとして動作しますので、一度書き込んだ表示データはドライバ内部で保持されます。

Q. BDシリーズではどんな点がセールスポイントでしょうか?

などいろいろな特徴があります。

Q. 「スタティック駆動」ではなにかいいことがあるのですか?

などのメリットがあります。

Q. なぜBDでは「スタティック駆動」が容易なのでしょうか?

 スタティック駆動とは、1つのセグメントに対して1つのドライバで駆動する方法のことです。 CIGタイプでない従来のVFDでスタティック駆動をしようとする場合、 個々のセグメントをひとつひとつリードピンに接続する必要があり、 従ってピン数が非常に多くなってしまいます。
 BDシリーズではたくさんのセグメントをVFDの内部でドライバに接続して、 VFD外部に引き出すリードピン数は激減するため、 これまでスタティック駆動をあきらめていたような表示パターンの場合でも実現が可能になりました。

Q. 「マルチプレックス駆動」ではなにかいいことがあるのですか?

などのメリットがあります。

Q. メリットはわかりましたが、コスト的にはどうですか?

 同じ表示パターンのものをCIGでない通常VFDの「スタティック駆動」で実現しようとする場合と比較すると、 BDタイプの方が明らかにコストメリットがあると言えるでしょう。
 また、同じパターンのものを通常VFDの「マルチプレックス駆動」で実現しようとする場合と比較する場合は、 その表示パターンのセグメント数などによりますが、セグメント数が比較的少なく、 いわゆるVFD専用マイコン(1チップマイコン)で直接駆動できるような場合は、 BDの方がコスト的には不利になります。 逆に1チップマイコンで直接駆動できないようなセグメント数の多いような表示パターンの場合は、 BDの方がコスト的に有利と言えるでしょう。

Q. BDシリーズの信頼性はどうですか?

 駆動部分が真空内部に入っていますので、接続ポイントも少なく理論的にも通常タイプより高いと考えられます。 寿命の面でも低電圧駆動の場合はその分有利になります。

Q. BDシリーズに限界はありますか?

 はい。現在内蔵できるドライバの耐圧の最大電圧が決まっていますので、 グリッド数が百数十を越えるようなマルチプレックス駆動の場合は輝度がそれなりに暗くなってしまいます。

Q. CPUとの適合は?

 従来の蛍光表示管を直接駆動できるCPUが持つような高耐圧出力ポートは必要ありません。 汎用のCPUでシリアル出力付きものものであれば駆動可能です。

Q. 輝度階調はかけることができますか?

 ブランキング(BK)をコントロールすることにより画面全体の輝度レベルをコントロールすることは可能です。 ただし、誤動作の原因になることがありますので、データ書き込み中にBKを変化させることは避けてください。 セグメント(ドット)ごとの輝度階調も可能なモデルがあります。

Q. BDでカスタムデザイン対応は?

 はい、可能です。開発費用および開発期間もこれまでのVFDとほとんど同じです。

CLシリーズ

Q. CLシリーズ(CLVFD)って何ですか?

 新開発のアクティブマトリクスVFDです。 蛍光体のベースに半導体メモリのチップを内蔵しており、従来のグラフィックVFDにない特色をもっています。

Q. 価格が高いと聞きましたがいくらぐらいするのですか?

 従来の同じドット数のVFDと比べると、外付けのドライバ、メモリ、電源などを含んだコストと同じ程度です。

Q. なにが特色ですか?

などのメリットがあります。

Q. 何に使うのですか?

 日本語などの文字表示に適しています。アルファベット以外の外国語の表示にも適しています。 限られたスペースに分かりやすい情報表示ができます。ほかにもシンボルや簡易グラフィックパターンも表示可能です。

Q. 字の大きさは?

 1チップは16x16ドットで形成されています。16x16ドットで約4.8mm角になります。

Q. CLVFDの消費電力は?

 小さな物では数百mWです。電力のほとんどはフィラメントで消費されます。

Q. インターフェースは?

 すべての表示ドットのデータがシリアルでつながっています。 従って、コントロール側で表示パターンをシリアルの状態にしてCLVFDに転送します。 クロックは、4MHZ程度まで使えます。例えば、256x32dotでは、 表示容量が8KBですので、最速で2ms/画面でデータ転送できます。

Q. CLVFDのカスタムデザインはできますか?

 標準チップをならべてカスタムVFDができます。 また従来のVFD構造と組み合わせることもできます。 なお、CLチップの文字寸法自体を変えるにはチップの開発が必要となります。

Q. CLVFDのカラー化は

 CLVFDは現在ブルーグリーンの蛍光体のみです。 フィルターを使えば表示色は変えることができます。 マルチカラー化は蛍光体の種類を変える必要があるため、現時点では研究中です。

Q. CLVFDの工業所有権は?

 この技術はノリタケ伊勢電子が開発した基本技術をもとに成立しており、 ここにある製品についても工業所有権が国内外で申請されています。





VFDモジュール

全般

Q. VFDモジュールとは何ですか?

 VFDモジュールとは、視認性に優れた表示器であるVFD(蛍光表示管)を簡単に制御できるように、 プリント基板上にVFD、電源、マイコン、インターフェースを搭載した表示モジュールです。

Q. どんなところで使われていますか?

 視認性が良く、視野角が広い、広温度帯域に対応していることからPOS/ECR、 オーディオ機器、医療機器、計測器、放送機器、映像機器、調理機器、工業用制御機器、 各種産業機器、遊技機等、いろいろな分野や環境でご使用いただいています。

Q. VFDモジュールを使用するメリットは?

などのメリットがあります。

Q. VFDモジュールはどこで生産していますか?

 すべて日本国内で生産しております。日本製だからこそできる、高い品質とサービスを提供いたします。

Q. VFDモジュールには、どのような種類がありますか?

 キャラクタタイプ(CU)とグラフィックタイプ(GU)があります。 当社のグラフィックタイプの多くはフォントを搭載しているので、キャラクタタイプと同様、簡単に文字を表示できます。  さらに、それぞれの機能・特長ごとにシリーズが分かれています。 詳しくは製品情報をご覧ください。

技術的なご質問

Q. VFDモジュールを使用するには何が必要ですか?

 お使いいただくには、制御用のコントローラ、ソフトウェア(プログラム)、 電源、信号ケーブル、電源ケーブル等が必要です。  すぐに点灯・動作を評価したい場合は、 PC上で簡単に点灯・動作するための部材がセットになった評価キットをご活用ください。

Q. どのような入力電圧に対応していますか?

 多くの製品は5V入力です。製品によっては3.3V、24V入力もあります。 これら以外の入力電圧にも対応可能な場合がございますので、営業までお問合せ下さい。

Q. どのようなインターフェースに対応していますか?

 標準品はCMOSシリアル、RS232、CMOSパラレル、USB、LAN(アダプタ使用)等のインターフェースに対応しています。 これらは製品によって異なりますので、仕様書をご確認下さい。  また、その他のインターフェースにも対応可能な場合がございますので、 別途お問合せ下さい。

Q. うまく動作させられないとき、サポートしてもらえますか?

 まずは、技術サポートページで解決方法をご確認ください。 それでも解決できない場合は、 カスタマサポートデスクで技術的なご質問を受け付けております。 メールにてご質問ください

Q. ノイズ対応はできていますか?

 EMI(FCC)/ESD(IEC61000)規格に準拠しております。 シリーズごとに代表製品での測定データがありますので、別途お問合せ下さい。

Q. ESD試験はどのように行っていますか?

 VFDモジュールは様々な製品に組み込まれて使用されるため、 製品評価の規格であるIEC61000規格に準拠した方法で実施しています。 VFDモジュールは直接放電の試験はできませんので、 間接放電の試験のみ実施しております。 ESD試験は、15KVまでを行っております。

Q. ESD耐性を強くする方法はありますか?

 表示内容の変更がある/なしに関わらず、定期的に表示内容の書き直しを行って いただくとESD耐性が向上することがあります。  この際、レジスタや設定値を表示に影響しない範囲で書き直しを行っていただくとさらに効果的です。

Q. 環境対応は? RoHS対応はしていますか

 ISO14000を取得して環境対応しております。また、当社の標準品は全てRoHS指令対応品です。

Q. 輝度調節/コントラスト調節はできますか?

 輝度については、輝度コントロールコマンドにより何段階かの調節が可能です。各製品で 調整範囲が違いますので、仕様書をご確認下さい。 コントラスト調整は、カラーフィルタを使って行ってください。 詳しくは、「光学フィルタ」の項目をご参照下さい。

Q. 表示色を変更できますか?

 発光色はグリーンですが、 光学フィルタをお使いいただくことで自由に色合いを変更できます。
  カラーフィルタシミュレータでお試しください。

Q. 光学フィルタは付属していますか?

 標準品には付属していません。コントラストや色合いの調整、ガラス面の保護のために、 表示器前面から若干離して光学フィルタ(アクリル板等)を設置いただくことが一般的です。

Q. 製品ライフ(寿命)はどうですか?

 VFDの寿命を参考下さい。