伊勢志摩サミット三重県情報館内での展示のお知らせ

2016年6月16日

伊勢志摩サミット
国際メディアセンター別館アネックス

 平素は、ノリタケ伊勢電子WEBサイト並びにitroMateをご利用いただき、誠にありがとうございます。 2016年5月26日~27日に開催されたG7伊勢志摩サミットにおいて、国内外の報道関係者が利用する国際メディアセンター(IMC)のアネックス内三重情報館が設置され、 その中で三重県を代表する先端技術の一つとして、当社の「蛍光表示管とその応用製品」が展示されましたのでお知らせいたします。

 展示エリアでは蛍光表示管の歴史や特長を中心に、その技術から生まれたタッチスイッチ、EMIシールドウィンドウ、電光掲示板や、 話題の音楽・音響機器用真空管「Nutube」を、パネルと映像により紹介いたしました。

 国際メディアセンター(IMC)アネックス内の三重県情報館は5月24日~28日まで開設され、国内外の報道機関の方にご覧いただきました。 またサミット終了後、5月30日~6月10日の12日間にわたり学生や一般の方々にも公開され、三重や日本の技術を体感いただきました。
※一般公開は終了しています。

展示スペース全景
三重県情報館の先端技術ゾーンで技術紹介動画を上映
展示パネル
英和併記パネルで国内外のメディアに技術を紹介

関連リンク