EMIシールドウィンドウ
主な機能・特長

圧倒的な透過率で開口部のノイズを防ぐ

シールドイメージ

液晶ディスプレイ(LCD)など
開口部のノイズを防ぐ

 ノイズ対策で筐体側の対策を施しても、液晶ディスプレイ(LCD)などの塞ぎきれない開口部からのノイズが大きくなりがちです。

 このEMIシールドウィンドウを液晶のフィルタパネルとして開口部に貼りつけることで、 開口部から漏れるノイズを大きく減らすことができます。


業界最高レベルの透過率を実現

ほとんど暗くならない

 通常のEMIシールドウィンドウは、金属メッシュを透明な板で挟み込む構造が一般的です。 この製品は当社の薄膜形成技術により、1μmの薄い極細金属メッシュを、直接ガラス板に形成していきます。

 その結果、85%以上という業界最上級の透過率を実現することができました。 無加工のガラス板の透過率が約91%なので、メッシュ部ではわずか6%しか低下していません。 これは無加工の透明ポリカーボネートと同程度であり、透明度の高さが際立ちます。
 開口部の中や、液晶画面をほとんど暗くさせずに、EMI/ESDを防ぎます。

※透過率85%のときのシールド効果は45dBです。

断面イメージ図
断面イメージ図


feature_kuro_graph.jpg(29858 byte)
黒色化の有無による反射率比較

黒色薄膜金属メッシュで
見やすさUP

 通常銀色の金属メッシュを、当社独自の技術で黒色化しています。

 黒色化を施していない金属メッシュと比較すると、光の反射を大幅に抑えることができ、コントラストも向上し視認性が良くなります。 メッシュの厚みもほとんど無いため、斜めからでも見やすくなります。


当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については 「個人情報の保護」をお読みください。
当ウェブサイトを閲覧し続けることにより、当社のプライバシーポリシーに同意するものとします。
OK