静電容量タッチスイッチ「FLETAS」
よくあるご質問


他スイッチとの違いについて


Q. タクトスイッチやメンブレンスイッチと比較し、メリットはなんですか?


Q. アクリル製のタッチスイッチと比較し、ガラス製のメリットはなんですか?

材質による硬さの比較
材質 ビッカース硬度
(N/mm2)
ガラス 5374
強化ガラス 6490
アクリル樹脂 196
ポリカーボネート樹脂 127
ステンレス(SUS304) 3207
アルミニウム(6063) 843




仕様について


Q. 寿命はどれくらいですか?

 スイッチパネル部には電流が発生せず劣化しないため、パネル部の寿命は半永久的です。 FPC部やモジュール基板側のICなどに依存します。

Q. 熱には強いですか?

 -40~85℃を動作温度範囲としています。

Q. モジュールとユーザー側のインターフェイスは何がありますか?

 パラレル、UART、SPI、I2Cがございます。その他の対応はご相談ください。

Q. 開発期間はどれくらいかかりますか?

 スイッチパネル部は仕様確定後約1か月、モジュール部は標準品の小変更であれば約1か月です。

Q. ガラスの割れ対策はありますか?

 ガラスを厚めにするほか、強化ガラスの使用や保護フィルム貼付などもオプション対応いたします。

Q. 高温多湿環境下でガラス焼けは起きますか?

 水滴が付着した状態を長時間放置するとガラスやけが進行しますが、程度は一般の窓ガラス以下とお考えください。



デザインについて


Q. 透明のタッチスイッチもできますか?

 透明のタッチスイッチも可能です。ディスプレイ前面に取り付けて、タッチパネルとして使用することもできます。

Q. スイッチパネルを筐体と面一にすることはできますか?

 面一にはめ込むような提案も可能です。

Q. 取付はどのような方法がありますか?

 組み込まれる筐体の構造により異なりますため、ご相談ください。



動作について


Q. このタッチスイッチは自己容量式と相互容量式のどちらですか?

 どちらもあります。小ロット対応キースイッチシリーズは相互容量式です。

Q. 自己容量式と相互容量式のメリットとデメリットは?

 自己容量式はスイッチのデザインに自由度がありますが、パネル上に付着する異物によっては誤作動を起こすことがあります。
 相互容量式は誤作動に強い反面、スイッチのデザインに制限があります。

Q. 2点・3点以上の同時押しに対応していますか?

 コントローラの調節で対応可能です。

Q. 水などがかかることによる誤動作は?

 水では誤作動しにくいですが、かかり方やジュースなどの液体によっては誤作動を起こすことがあります。  ソフト側で多重押し禁止など対策することも可能です。

Q. 手袋をしたままで使えますか?

 使えます。相互容量式の場合、軍手などの厚手袋でのタッチ操作が可能です。
 自己容量式の場合は、薄手の手袋(ゴム手袋など)であれば、タッチ感度の調節で動作可能です。



当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については 「個人情報の保護」をお読みください。
当ウェブサイトを閲覧し続けることにより、当社のプライバシーポリシーに同意するものとします。
OK