コア技術提携・受託サービス
主なコア技術

真空技術

高真空状態でパッケージングが可能

 VFDを含む、真空管の要となるのが、この真空技術です。 長年の製造で築き上げたノウハウを駆使し、高い真空度でパッケージング、その後発生するガスも考慮し、長期間高い真空度を維持します。 真空状態にさせたいお客様の部品等をガラス管内部に封入し、高品質・高信頼な真空状態にパッケージングすることが可能です。

真空技術

VFD製造時の量産レベル
真空度 1*10-4Pa以下 (7.5*10-7torr以下)
VFDでの使用箇所 真空パッケージング
※量産レベルを上回る仕様でもご相談ください


真空技術に関するお問い合わせはこちら

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については 「個人情報の保護」をお読みください。
当ウェブサイトを閲覧し続けることにより、当社のプライバシーポリシーに同意するものとします。
OK