会社案内

蛍光表示管の父 中村 正 工学博士

 独自の技術により、世界で初めて『蛍光表示管』という表示デバイスの開発に成功。 世界の蛍光表示管の父、中村正工学博士に迫ります。

蛍光表示管の発明者 中村正とは

中村 正 工学博士
中村 正 工学博士
 伊勢電子工業創業以来、技術者として、研究者として、電子業界の発展に生涯努めました。

 また技術者の指導育成に力を注ぐ傍ら、『精神的なゆとりを持ちつづけなければ・・・』という信念のもと、「能」の世界にも挑戦し続けました。

Challenge 伊勢電子工業創業時の「チャレンジ精神」

 ノリタケ伊勢電子の前身、伊勢電子工業が創業された時の「チャレンジ精神」は、 40年以上経った今もノリタケ伊勢電子社員の心の中に生きています。

略歴

1923年伊勢に生まれる
1943年名古屋高等工業学校(現名古屋工業大学)を卒業
1966年伊勢電子工業株式会社を創設
代表取締役社長に就任
1998年名誉会長に就任
2013年逝去

主な著書

『超高周波オシログラフ』
『蛍光表示管とその応用』
『Vacuum Fluorescent Display』
『蛍光表示管を世界へ-伊勢電子工業の創業と成長-

受賞歴

日刊工業新聞十大新製品賞
科学技術庁長官賞
中小企業研究センター賞
大河内記念生産賞
米国SIDより特別功績賞
兵庫県発明功労賞
第一回三重県産業功労者賞
米国SIDカールフェルナンドブラウン賞
通商産業大臣賞受賞(工業所有権制度関係功労)
伊勢市一般表彰(文化)
三重県教育委員会文化功労賞
全国発明奨励功労賞
文部大臣表彰(地域文化功労賞)
三重県県民功労者として表彰
ほか
当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については 「個人情報の保護」をお読みください。
当ウェブサイトを閲覧し続けることにより、当社のプライバシーポリシーに同意するものとします。
OK