Noritake

VOICE

先輩社員インタビュー

  1. HOME
  2. 先輩社員インタビュー
  3. 苦労のあとの「達成感」

苦労のあとの「達成感」

Kenya.N

所 属:
技術部 商品設計G
入社年:
2016年入社
仕事の内容を簡単に教えてください
私は、技術部(開発、設計)で蛍光表示管、液晶ディスプレイモジュール等の生産工程で使用する検査装置の設計を担当しています。多くの方は、設計というと製品設計を思い浮かべられると思いますが、製品の生産には組立装置や検査装置といった設備設計も必要となります。私は、製品仕様を満足する為の表示パターン、装置構成、電子回路、プログラムを設計しています。
この検査装置は、最終検査で使用する事から、製品の品質確保に重要なものとなります。もしも、検査に不備があれば、市場に不良が流出してしまいかねませんので、緊張の連続です。しかし、お客様に良品をお届けする非常に重要な仕事であり、やりがいを感じています。
業務を通じて得られたこと、
嬉しかった事はなんですか?
「設計スキルとノウハウ習得」が1番に挙がります。入社当初、学校で学んできた事以外に、設計で必要とされる様々なスキル・ノウハウに驚きました。それらについては、設計実務の中で先輩社員から多くを学んでいると感じています。特にノウハウは文書化し辛い部分もあり、経験によって習得すべき部分に苦労をしました。
試行錯誤をして、初めて設計した検査装置が工場で使用された時は、正常に動作するかとドキドキしていました。無事に検査ができた事を確認すると達成感が溢れ、それまでの苦労が報われて、すごくうれしかった事を思い出します。この気持ちを忘れずに、可能な限りの文書化や後輩への指導など行いたいです。
今後やって行きたい事はなんでしょうか?
やはり、「設計スキルやプログラミング能力向上」は外せません。自身が身に付けるだけでは無く、文書化、標準化しメンバーで共有できる様にしたいです。「得られたこと・・・」でお話ししたのですが、やって行きたいと言うより“やらなければならない”ことなのです。
自分でやってみたいと感じているのは「市場調査・情報収集実施」です。私をはじめとする技術者自身が展示会出展やお客様との直接対話から他業界動向の把握を行います。これにより、いち早く必要な要素技術確立を行う事で、市場要求にタイムリーに応えたいと考えています。
設計ノウハウ、マーケティングなど学ぶべき所は、まだまだたくさんあります。
当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については 「個人情報の保護」をお読みください。
当ウェブサイトを閲覧し続けることにより、当社のプライバシーポリシーに同意するものとします。
OK